はじめるまでの流れ

  • null
    エンパシームアプリのダウンロード
  • null
    プラクティスの選択
  • null
    コース選択と参加申込み

❶ アプリをダウンロード

エンパシームは、人間の自然な身体行為の流れの中に「」をつくり、
それを日々のプラクティスに活かす発明特許メソッドです。

がんばろうとするのに、うまくいかない、続かない。
誰もが抱えている、この問題を克服するためにエンパシームは発明され、
メソッドとして使えるようになりました。

エンパシームをスマホアプリで無償で提供し、だれもが
「小さなをつくる・じぶんをふりかえる・人とわかちあう」
習慣づくりの環境とメソッドを提供します。

詳しく見る

 


上のアイコンからダウンロードできます。

❷❸ プラクティス選択と参加申し込み

エンパシームで「毎日のプラクティスを身につける」

ひと息の「」から、自然な流れ。プラクティスの「姿勢、声、場の空気」を後でふりかえり、ふるまいが持続する「路」をつくる。エンパシームをつかって、人と大切なことばをわかちあう。

毎プラ

じぶんを育てる「修養」

みちびく、ふりかえる、たしかめる。
静穏の間と姿勢をうつす鏡
習慣は小さなプラクティスのしくみ

詳しく見る

参加申し込み

コ・プラ

共にかかわる「おもい」を形に

みまもる、よりそう、わかちあう。
日々の糧をつくるプラクティス
人とじぶんを助けるコミュニティをつくる

詳しく見る

参加申し込み

public_mypra
フィロソフィープラクティス毎プラガイド

修養とは? (1)

新渡戸稲造は、このように説いています。

修養とは、「修身養心」である。

おさむるとは身を修むること
・おこないを正すこと
・心をやしなうこと

なぜ、修養が大切なのか?それは:

・みずからの志をなしとげられるように
・元気を無駄にしないように
逆境ぎゃっきょうにあってもくじけないように
順境じゅんきょうにあっておごらないように
・継続は力なりと心得られるように
・先人にならい、生活の工夫と地道な努力ができるように
・すなおに、清らかに、人生を歩めるように

では、修養とは、具体的に何をすることでしょうか?

続き...
フィロソフィープラクティス毎プラガイド

マインドフルとは、修養のこと

マインドフルネス・プラクティス。

カタカナことばしかありませんか?

いえ、実はこのことばにぴったりの日本語があります。

それは、「修養」です。

精神の修養、自己の修養といいますね。
修養は「身をもっておこない、心を養う」ことです。

「修」と書いて「身を修める」といいますが、「おさめる」とは、まなんで身につけることです。
じぶんの身心にしっかりしまうこと。

続き...
アートプラクティス毎プラガイド

マインドフルとは、じぶん自身の友になること

「マインドフルネス」ということばをよく聞きますね。

瞑想のこと?
心身の健康法のことでしょ?

マインドフル (mindful) とは「気づかう」ことです。

瞑想めいそう」と聞くと、修行のようにも聞こえますが、まったくちがいます。
もとになったことば Meditate は「心を向けること」です。

マインドフルとは、じぶんに配慮すること。
じぶん中心になることではありません。その反対です。
じぶん自身に心を向けるとは、じぶんを相手にして、見まもることです。
無理に意識して、がんばることではありません。

続き...