Seed Pattern Practice (18) I feel happy.

トレイル 1のテーマSeedを使ってやりとりの場を想像するプラクティス。挿絵にある情景、身振り手振りの空間をイメージしてみましょう。思い出せない、うまく言えないことも大切なプラクティスです。あとで見直して、あーこれだったな、と思い出します。そのように、じぶんからアウトプットすることで、セリフのつながり感が身につきます。

[プラクティスのポイント]

全部を正確に思い出すことではなくて、セリフとイメージのつながりをつけていくことがプラクティスです。挿絵の、身振り手振りの空間イメージを思い出してみましょう。

「ゆだねるプラクティス」は、一字一句おなじように言わなくてもかまいません。思い出せない場合もあるでしょう。

まず、カードのタイトルシードを言ってみましょう。あとでminiプラを見直してみると、あーこれだったな、と思い出します。

うまくいかない体験もまた、プラクティスなのです。そのようにして、じぶんからアウトプットし、それをくりかえすことで、セリフのつながり感、情景イメージが定着していきます。

英語のセンスは、発想のパターンを身につけることです。日本語とはちがう発想パターンです。続けていくうちに、シードのつながり方、その雰囲気を感じ取れるようになります。

 

[ニュアンスを日本語で]

はじめに、テクストや、日本語の意味をみないでプラクティス。

なれた後に、雰囲気のイメージを結びつけてみましょう。


いい気分だなぁ。何だってできる気がする。
あら、それはよかったね。

**
続けていけば、状況はよくなるよ。
そうね、同感。うれしいね。

***
うれしそうだね。何がそんなに?
しぜんにそういう気持ち。うれしいなって。

 

[ツボノート]

happyは、何かが起きている状態について、うれしいな、よかった、満足している、といった気持ちを表現します。相手がそのように言うときには、その気持ちをわかちあうようなことばをかけます。なぜうれしいのかをたずねることもそうですし、それはよかったね、というニュアンスのことばを投げかけます。

Good for you!は、素直によかったね、あるいは、親しい間柄なら、ご機嫌ね、うかれてるね、といったニュアンスにもなります。「happy = しあわせ」という単語の対応ではありません。なにかいいことがあった、ということなのです。むりやり、「しあわせ、うれしい」という単語で結びつけるのではなく、よかった、いいことがあった、という場面であることを捉えましょう。

I feel happy. Everything went well. も日本語にすると「よかった。万事うまくいったよ」といった表現が自然です。