Seed Pattern Practice (5) What's going on?

トレイル 1のテーマSeedを使ってやりとりの場を想像するプラクティス。挿絵にある情景、身振り手振りの空間をイメージしてみましょう。思い出せない、うまく言えないことも大切なプラクティスです。あとで見直して、あーこれだったな、と思い出します。そのように、じぶんからアウトプットすることで、セリフのつながり感が身につきます。
[プラクティスのポイント]
全部を正確に思い出すことではなくて、セリフとイメージのつながりをつけていくことがプラクティスです。挿絵の、身振り手振りの空間イメージを思い出してみましょう。
「ゆだねるプラクティス」は、一字一句おなじように言わなくてもかまいません。思い出せない場合もあるでしょう。
まず、カードのタイトルシードを言ってみましょう。あとでminiプラを見直してみると、あーこれだったな、と思い出します。
うまくいかない体験もまた、プラクティスなのです。そのようにして、じぶんからアウトプットし、それをくりかえすことで、セリフのつながり感、情景イメージが定着していきます。

英語のセンスは、発想のパターンを身につけることです。日本語とはちがう発想パターンです。続けていくうちに、シードのつながり方、その雰囲気を感じ取れるようになります。

[ニュアンスを日本語で]

はじめに、テクストや、日本語の意味をみないでプラクティス。
なれた後に、雰囲気のイメージを結びつけてみましょう。


どうなってるの?わからないなぁ。
わかった、ちゃんとやっとくよ。

**
ひどいわね。何が起きているの?
ま、思うに、チリもつもれば山ってやつさ。

***
状況を共有しましょう。これはやめないといけません。
ちょっと待って。何のこと?

[ツボノート]

 

What’s going on? の going onには、何かが起きて、進行中という場面で使われます。
それはまず、goは、日本語の「行く」だけでなく、(ものごとや人が)進む、という意味があるからです。
時間的に、何かが進行するイメージ。

on (テーマ36をふりかえってみましょう)は、くっついている、つづいている、という意味。
したがって、go on (続いている)、go on and on (どんどん、いつまでもつづく)というフレーズになるわけです。

ここでの対話では、相手にたずねるセリフですが、what is going on. というひとつのフレーズを、ひとつのことばと捉えておくと、応用がききます。

what は、the thing that 〜(というもの、ということ)という意味を表すことばです。

I don’t understand what is going on.(事態が把握できない)
Do you remember what was going on? (状況を思い出せる?)

「何が起きているのか」という表現でぴったりくる場合もありますが、日本語では、長くなりがちです。
日本語の会話は、漢字をつかった熟語もおりまぜるのが自然でしょう。

what is going on (=the thing that is going on)は、事態、状況、情勢、なりゆきといったことばがぴったりします。

「英語のセンスを身につける」ことの中心には、「やさしい表現を使いまわせる」ということがあります。小さなこどもが使っていることばを、語り伝えるように使えることです。

日本語の発想は、書きことばで、その文字を思い浮かべつつ、むずかしい単語を使うことが、知識レベルを表すかのようなイメージがありますが、英語の世界ではそのようなことはありません。

もちろん、どの分野のことにも、専門の用語は使われます。が、それはやさしいことばが使われないという意味ではありません。

大統領のスピーチであれ、会社業務のコミュニケーションであれ、論説の文章であれ、やさしいことばを組み立てることが、かきことばでも、話しことばでも、中心的なことなのです。

たとえば、こんなセリフがあったとします。

ただちに現状を報告してくれ。
世界情勢はどうなっているのか?

英語のシードにしてみましょう。
すると、現状とか、報告とか、世界情勢といった単語を訳そうとしますよね。
英作文のテストなら、考える時間があるかもしれませんが、日常の会話では、一瞬のことですから間に合いません。

単語を変換するという発想だけでは、英語を使える方法にはならないのです。
よく、日本語でも言うように、むずかしくしない、平たく入ってみることです。

Let me know what’s going right now.
What’s going on in the world?

「ただいま原因を究明中です。」→ We are checking what went went wrong.

こうしたセリフを身につけることで、situationとかcircumstanceとか、environmentといったことばも、結びつきやすくなり、学習がぐっと楽になってくるのです。