はじめるまでの流れ

  • null
    エンパシームアプリのダウンロード
  • null
    プラクティスの選択
  • null
    コース選択と参加申込み

❶ アプリをダウンロード

エンパシームは、人間の自然な身体行為の流れの中に「」をつくり、
それを日々のプラクティスに活かす発明特許メソッドです。

がんばろうとするのに、うまくいかない、続かない。
誰もが抱えている、この問題を克服するためにエンパシームは発明され、
メソッドとして使えるようになりました。

エンパシームをスマホアプリで無償で提供し、だれもが
「小さなをつくる・じぶんをふりかえる・人とわかちあう」
習慣づくりの環境とメソッドを提供します。

詳しく見る

 


上のアイコンからダウンロードできます。

❷❸ プラクティス選択と参加申し込み

エンパシームで「毎日のプラクティスを身につける」

ひと息の「」から、自然な流れ。プラクティスの「姿勢、声、場の空気」を後でふりかえり、ふるまいが持続する「路」をつくる。エンパシームをつかって、人と大切なことばをわかちあう。

毎プラ

じぶんを育てる「修養」

みちびく、ふりかえる、たしかめる。
静穏の間と姿勢をうつす鏡
習慣は小さなプラクティスのしくみ

詳しく見る

参加申し込み

コ・プラ

共にかかわる「おもい」を形に

みまもる、よりそう、わかちあう。
日々の糧をつくるプラクティス
人とじぶんを助けるコミュニティをつくる

詳しく見る

参加申し込み

public_mypra
サイエンスプラクティス毎プラガイド

練習の矛盾を克服する

集中している間はよいのだけれど、結果を気にするとうまくいかなる。集中しているかどうかに意識が向くと、集中がとぎれてしまう。そういう経験がある人は多いのではないでしょうか。

トーマス・スターナーさんは言います。
どんな練習も、肝心なのはプロセス、結果ではない。結果に気が向くのは、「判断」しているから。
いい・わるいの評価を瞬時にしている。知らないうちに、ある理想の尺度にあわせている。自分自身の「判断」が実はバリアになってしまうのだ、と。

脳は、状況を先回りして、まだ事が起きる前から「失敗しないように」という瞬時の判断ができます。私たちが、生まれてこの方、身につけてきたものです。

続き...
アートサイエンステクノロジー

共感の心は、月かげ

和尚さまへ

法然上人のお月さまみたいにつくってみました。エンパシームのアプリ、そこに映し出される、『あ』の時空です。

『あ』:あけた、空けた、ひらいた心。やわらぐ時。
エンパシームは、静かにすわり、落ち着く時だけに、はたらきます。

特別にそっと。中身をのぞいてみます。小さな数字は、作法のプログラムとセンサーの情報です。
ものとものとの間に働く引力によって生じる加速度。
止まりつづけよう、動きつづけようとする力によって生じる角速度。
回転によって働く遠心力。地球そのもの、大きな磁石の働きが、地磁気。

続き...
アートフィロソフィー毎プラガイド

「人生の目的は幸福」ではない

「人生の目的は幸福である。」 これは、Yesでしょうかか、Noでしょうか?

アリストテレスはこう言いました。

Happinessが、生きる意味であり目標であり、人間の存在理由、存在価値のすべてである。

やはりそうか、幸福であると。でも、よく見ると、「人生の目的は幸福だ」とは言っていませんね。主語はHappinessです。では、Happinessって何?

Happenということばがあります。物事が起きるという意味です。“hap”という語幹には、起きる、そうなる、という意味がありました。Happyも、よろこびやしあわせの心が起きること。状態を表すのです。そのように生きることに、人間の存在の意味がある、と。

続き...