はじめるまでの流れ

  • null
    エンパシームアプリのダウンロード
  • null
    プラクティスの選択
  • null
    コース選択と参加申込み

❶ アプリをダウンロード

エンパシームは、人間の自然な身体行為の流れの中に「」をつくり、
それを日々のプラクティスに活かす発明特許メソッドです。

がんばろうとするのに、うまくいかない、続かない。
誰もが抱えている、この問題を克服するためにエンパシームは発明され、
メソッドとして使えるようになりました。

エンパシームをスマホアプリで無償で提供し、だれもが
「小さなをつくる・じぶんをふりかえる・人とわかちあう」
習慣づくりの環境とメソッドを提供します。

詳しく見る

 


上のアイコンからダウンロードできます。

❷❸ プラクティス選択と参加申し込み

エンパシームで「毎日のプラクティスを身につける」

ひと息の「」から、自然な流れ。プラクティスの「姿勢、声、場の空気」を後でふりかえり、ふるまいが持続する「路」をつくる。エンパシームをつかって、人と大切なことばをわかちあう。

毎プラ

じぶんを育てる

静穏、ふりかえり、ことば出力。
ミニマルな5分こそ
習慣は小さなプラクティスのしくみ

詳しく見る

参加申し込み

コ・プラ

共に、かかわる

日々の寄り添い、わかちあい。
ミニマルな3分こそ
共感の実践

詳しく見る

参加申し込み

public_mypra
フィロソフィー

おかげさまで

ショーペンハウアーは、こう言いました。
「自分が持っていないものを見ると、ともすれば「私のものだったら、どんなだろう?」という考えが頭をもたげてきて、ないものねだりをしてしまう。そうではなく、自分が持っているものに対して、「これが私のものでなかったら、どんなだろう?」としばしば自問してみよう。つまり財産や健康、友人や恋人、妻や子、馬や犬、何であれ、自分が持っているものを仮に失った場合を思い浮かべ、時おりそうした角度で自分をながめるように努めよう。たいてい失ってはじめて、そのものの価値がわかるからである。」

続き...
プラクティス

楽にして

はい、体の力を抜いて、楽にして。

このことば、聞いたことはありますよね。なぜかわからないけれど、体に力がはいっているのでしょう。
Breathe out, breathe in. (吐いて、吸う)

息は、ゆっくり吐くのが先。つい、先にいっぱい吸おうとしそうです。それも、頭で先に考えてしまうせいかもしれません。

静かに坐って、何もしない。というと、かえってむずかしそうなので、すこしガイドが欲しいですね。

I feel relaxed.
リラックスすること、休むことです。ヨガみたい?

続き...
フィロソフィープラクティス

みんな、おなじ。

ん?どうしたんだろう?
前に並んでいた女性が、突然、泣き出しました。何かの思いが込み上げてきたのでしょう。

ある夕方の、地元スーパーのレジにて。
私の番は次。ぼんやりと、あたりを眺めていただけなので、はじめ、何が起こったのか、よくわかりませんでした。

すると、レジの女性がカウンターから出てきて、すぐさま、その中年女性をギュッと抱きしめたのです。
It’s OK (いいのよ)

続き...