はじめるまでの流れ

  • null
    エンパシームアプリのダウンロード
  • null
    プラクティスの選択
  • null
    コース選択と参加申込み

❶ アプリをダウンロード

エンパシームは、人間の自然な身体行為の流れの中に「」をつくり、
それを日々のプラクティスに活かす発明特許メソッドです。

がんばろうとするのに、うまくいかない、続かない。
誰もが抱えている、この問題を克服するためにエンパシームは発明され、
メソッドとして使えるようになりました。

エンパシームをスマホアプリで無償で提供し、だれもが
「小さなをつくる・じぶんをふりかえる・人とわかちあう」
習慣づくりの環境とメソッドを提供します。

詳しく見る

 


上のアイコンからダウンロードできます。

❷❸ プラクティス選択と参加申し込み

エンパシームで「毎日のプラクティスを身につける」

ひと息の「」から、自然な流れ。プラクティスの「姿勢、声、場の空気」を後でふりかえり、ふるまいが持続する「路」をつくる。エンパシームをつかって、人と大切なことばをわかちあう。

毎プラ

じぶんを育てる

静穏、ふりかえり、ことば出力。
ミニマルな5分こそ
習慣は小さなプラクティスのしくみ

詳しく見る

参加申し込み

コ・プラ

共に、かかわる

日々の寄り添い、わかちあい。
ミニマルな3分こそ
共感の実践

詳しく見る

参加申し込み

public_mypra
プラクティス毎プラガイド

声ことばが写る

「声ことば」は、素のじぶん。

声ことばは、ありのままの、シンプルなじぶんです。全身とまわりの空気をつかって、紡ぎ出した、Seed (種)に表れています。

「おはよう」は、1秒ぐらい。「いい天気ですねー」は、2秒ぐらい。ひと息を区切る、小さなじかん単位、声ことばのリズム。Seedの中身が、こんなふうに写りますよ。

続き...
フィロソフィープラクティス

養生・やさしくなること

養生(ようじょう)ということばがあります。

辞書を引くと、病気の回復、健康の増進といった説明が出てきます。ただ、これだけだと、ことばの本来の意味がつかみにくいようです。

養生は、治療や栄養の補給のことではありません。
結果的に、病気の回復にも健康増進にもつながる、ちがう思想です。

江戸時代の本草学者・貝原益軒は、『養生訓』でこう記します。

続き...
アートフィロソフィー

念ずる先にある日

クイズをひとつ。

人生には、二日、重要な日がある。

ひとつは、生まれた日。では、もうひとつは?

このふたつには、切っても切れない関係があります。ひとつめがあるから、ふたつめも「ありうる」のですが、それは未だ、訪れていない日かもしれません。

ふたつめの日が訪れたときに、ひとつめの日ができる、ともいえるのかもしれません。

生まれた日のことを覚えている人はいませんね。それなのに、あとから、さかのぼって、重要な日のひとつめとなるのは、ふたつめの日が、訪れるからです。

続き...