古代の妄説は花のごとく
今日の学説は実のごとく
妄想の花散じて
はじめて真実の実を結びしものと
見て不可なからん。

現代語で言うと

古代の妄説は花のようで、
今日の学説は実のようで、
妄想の花が散って、
はじめて真実の実を結ぶものと考えて間違いない。

※スイスの哲学者・アンリ・フレデリック・アミエル(1821‐1881)著『アミエルの日記』に、「偉大な人物とは真実な人のことである。自然がその人の中にその志を成し遂げた人のことである。彼らは異常ではない。唯、真実の楷梯を踏んでいるのである」とある。
※アイザック・ニュートン(1642-1727)は、「もし私が他の人よりも遠くを見ているとしたら、それは巨人の肩の上に立っているからだ」という。ニュートン力学という実が成るには、ティコ・ブラーエ(天体観測)、コペルニクス(地動説)、ケプラー(惑星運動)、ガリレイ(力学)、デカルト(解析幾何学)、ディグビー(作用反作用)、・・・・・・など、多くの先人(巨人)が存在していた。

出典:「妖怪学講義」・理学