吾人は実に不可思議の空気中にありて
不可思議を呼吸して生存すといって可なり。
この世界すでにみな不可思議なれば
われ自身もまたついに一不可思議物たり。

現代語で言うと

我々はまさに不思議の空気中に居て、
不思議を呼吸して生きているといえる。
この世界はすべて不思議であるから、
私自身も結局は一つの不思議なものである。

※『論語』に、「未だ生を知らず、いずくんぞ死を知らんや」とある。ひとりの人間は40兆個近くの細胞で成り立っていて、細胞自身もまたひとつの生き物であるが、不思議なことにすべてが調和して働き、私は今生きているのである。人が、生まれて死んで、死んで生まれるということ自体、不思議なのに、我々はそれに気づかないで、死後の世界や余命を論じているのである。

出典:「妖怪学講義」・宗教学