けだし不可思議なるもの
深く考察すれば
吾人の生息せるこの世界の万象万事
四方上下を囲繞するもの
一つとしてしからざるはなし。

現代語で言うと

たしかに不思議なものを、
深く考察すれば、
我々が生きている
この世界のすべての現象や物事、
それに四方上下を取り囲むもの、
どれ一つとっても不思議でないものはない。

※アメリカの海洋学者・レイチェル・カーソン(1907‐1964)の『沈黙の春』には、すべての子どもが生まれながらに持っている「センス・オブ・ワンダー」、つまり「神秘さや不思議さに目を見はる感性」を、いつまでも失わないで欲しいという願いが込められている。

出典:「妖怪学講義」・宗教学