不思議といえば
天地万物みな不思議に相違ない。
もし、これを不思議とせなくば
世界に一の不思議なしといいてよろしい。

現代語で言うと

不思議といえば、
天地万物のすべてが不思議である。
もし、これを不思議でないとすれば、
世界には一つも不思議がないことになる。

※江戸中期の哲学者、経済学者、自然科学者・三浦梅園(1723-1789)は、「枯れ木に花咲くを驚くより、生木に花咲くを驚け」という。これは全てを疑うという哲学の基礎である。生きている木に花が咲くことの不思議さ、生命の不思議さを考えよということでもある。

出典:「迷信解」・第一四段