星辰も教師なり
山川も教師なり
ないし禽獣虫魚、木竹草苔みな教師ならざるなし。

現代語で言うと

星や天体は私の先生、
山や川も私の先生、
そして禽獣虫魚や木竹草苔までもみな私の先生である。

※松下幸之助は、「自然の営みには私心もなければ、とらわれもないと思います。言ってみれば文字通り素直に物事が運び、素直な形でいっさいが推移していると思うのです。一輪の草花にしても、私心なく自然に花を咲かせているのです。そういった花の姿をみて、もちろん何も感じない人もいるでしょう。しかし、素直な心になりたいという強い願いを持っている人の場合には、あるいはそこに何らかのヒントを見出すかもしれません」という。

出典:「教育総論」・結論