社会に立て一事をするには
哲学の諸科は一応心得て居るべきものであると思います。

現代語で言うと

社会に出て、一つのことを達成しようとする人は、 種々の分野の哲学を心得ていなければいけない。

※戦前の日本では、旧制中学において儒学を教え、その後、旧制高校で西洋哲学を教えていた。古今東西の思想をベースとした知識人の基礎教育が行われていたのである。もちろんこの基礎教育は、科学者や技術者になる学生にも行われていた。これが、本来のエリート教育であり、その目的は、「日本人の精神の継承者」を育成することであった。

出典:「哲学館開設旨趣」