活動することが即ち人生の目的である。

現代語で言うと

活動がまさに人生の目的である。

※古代ギリシアの哲学者・アリストテレス(前384‐前322)は、永遠不変の真理や事物の本質を眺める理性的な認識活動(テオーリア、観想)を人間の最高の活動とし、実践(プラクシス)や制作(ポイエーシス)から区別した。

出典:「哲学の極致」