吾人もし心底の最も深き所に理想の水を湧かして
わが心と絶対の体と相冥合するに至らば
天地万有は
わが心中に存すといって可なり。

現代語で言うと

あなたの心の最も深いところに本体から発する清らかな水が湧き出て、
自分の心と絶対の本体と一体化すれば、
そのとき天地万物のすべてが、
あなたの心の中に存在しているといえる。

※「理想の水」とは何であろうか。空海(774-835)は、「加持」という言葉を使って、仏の慈悲と人々の信心との一致を表現している。太陽の光のような慈悲が人々の心底の水に映るのが「加」で、人々の心の水が太陽の光を感じ取ることを「持」と表している。これが、仏と人間の行為が一体となるために必要な「水」であろう。
※泉が、自らの力が満ち溢れることによって、おのずと湧き出るように、人の溢れる力から「理想の水」が心の中に流れ出て、自然(神)から流出した能力や完全性と結びつくのである。それは、太陽の光が、太陽から遠ざかるにつれてその明るさが減るように、神から流出した能力も遠ざかると失われていく。

出典:「妖怪学講義」・宗教学