純正哲学を学ぶ者は
常に深遠微妙の真理世界に逍遥するが故に
ただに愛真の情を養うのみならず
感覚上の快楽を営求せず
道理界裏に無上の楽境を開くに至る。

現代語で言うと

純正哲学を学ぶ者は、
常に深く妙なる真理の世界に逍遥するため、
単に真理を愛する気持ちを育てていくだけでなく、
感覚的な快楽を求めるのでもなく、
道理の世界の裏(うち)(精神世界)に、
最上の安楽な居場所を開くことができる。

※純正哲学とは、諸学の基礎であり、思想の科学でもあり、それ自体の価値や本質を解明することを主とし、世界について物事を最も広く深く考えるための形而上学である。

出典:「純正哲学講義」・第五段