宗教は公益博愛をもととし
たとい自利を説くも
利他を目的とする自利にして
徹頭徹尾道徳的である。

現代語で言うと

宗教は公益性と博愛を基本とし、
たとえ自利を説いたとしても、
利他を目的とする自利であって、
あくまでも道徳的である。

※大乗仏教には、自利のままが利他になる、利他のままが自利になる、「自利利他」の考え方がある。この「利」とは幸せになることである。

出典:「迷信と宗教」・第五七段