いやしくも世間に立ちて
自ら世の風教を任ずる学者は
己の満足をもって足れりとせず、
かかる悲境に呻吟せる人を
精神上より救助する道を構じなければ
学者の本分は立つまいと考えます。

現代語で言うと

人々を教え導くのであれば、
自己満足で終わってはいけない、
不幸な境遇にある人を、
精神的に助ける方法を考えなければ、
学者の本分を全うすることはできない。

※御雇外国人・ヘンリー・ダイアー(1848-1918)は、工部大学校生に対して「エンジニアは真の革命家であり、市民として同胞の精神的福祉を向上させる人となれ」と激を飛ばした。

出典:「霊魂不滅論」・第二六回