学問の目的は
吾人の疑を解きて信に帰するにあり。
故に個々の哲学者は
その研究の究極に至れば
自家の哲学は変じて
自家の宗教となりてやむなり。

現代語で言うと

学問の目的は自己の疑いを取り除き、
信じることができるものを明らかにすることにある。
よって個々の哲学者は、
その研究がきわまったところにおいては、
自分の哲学が自分の宗教に変わってもやむを得ない。

※ドイツの詩人・ノヴァーリス(1772-1801)は、「全ての学問は、哲学となったのちに、詩となる」という。
※8番目も参照。

出典:「純正哲学講義」・第二段