哲学の極意は
理論上宇宙真源の実在を究明し
実際上其本体に我心を結託して
人生に楽天の一道を開かしむるに外ならず。

現代語で言うと

哲学の最終目的は、 理論的に宇宙の始まりを明らかにし、 実際に宇宙の根源に人間の心を通じ合わせて、 人生を楽しみに満ちた世界にしてくれるのである。

※ギリシアの哲学者・プロティノス(205-270)は、「すべての存在の内でもっとも根源的な存在は絶対的に超越的な存在である」という。これは本来の人間の心ではなかろうか。 ※『論語』に、「そのことを知っている者は、そのことを好んでいる者には及ばない。そのことを好んでいる者は、そのことを楽しんでいる者には及ばない」とある。何事でも楽しんでやることが一番である。

出典:「哲学堂来場者へ」・謹みて来堂諸君の一読を乞ふ