miniプラ

(25) It’s not like you.

💧 英語の音は、身体でプラクティス。
💧 舌先をくっつけると、カナモジ音とちがう音になる。
💧 思い切って、風切り音を出そう。

詳しくみる

(18) I feel like eating.

💧 英語の音は、身体でプラクティス。
💧 舌先をくっつけると、カナモジ音とちがう音になる。
💧 思い切って、風切り音を出そう。

詳しくみる

(13) Take care of yourself.

💧じぶんで拍子をうって、声にしてみよう。
💧弱く速い音になれよう!
💧くりかえして、リズムを身につけることから。

詳しくみる

(25) I hope not.

💧 その場面にいるつもりで、聞いてみましょう。
🌱 ふたりの対話にならってやってみましょう。 

詳しくみる

(26) Look around you.

💧 英語の音は、身体でプラクティス。
💧 舌先をくっつけると、カナモジ音とちがう音になる。
💧 息を強く吐き出すと、やりやすくなる。

詳しくみる

(20) I need to work harder.

💧 じぶんで拍子をうって、声にしてみよう。
💧 弱く速い音になれよう!
💧 くりかえして、リズムを身につけることから。

詳しくみる

(11) I gave you all I had.

💧 じぶんで拍子をうって、声にしてみよう。
💧 弱く速い音になれよう!
💧 くりかえして、リズムを身につけることから。

詳しくみる

(6) Make the right choice.

💧 じぶんで拍子をうって、声にしてみよう。
💧 弱く速い音になれよう!
💧 くりかえして、リズムを身につけることから。

詳しくみる

(27) I heard you laughing.

💧 じぶんで拍子をうって、声にしてみよう。
💧 弱く速い音になれよう!
💧 くりかえして、リズムを身につけることから。

詳しくみる

(2) Yes, it looks like it.

💧 英語の音は、身体でプラクティス。
💧 舌先をくっつけると、カナモジ音とちがう音になる。
💧 息を強く吐き出すと、やりやすくなる。

詳しくみる

(10) Let me check.

💧 英語の音は、身体でプラクティス。
💧 舌先をくっつけると、カナモジ音とちがう音になる。
💧 息を強く吐き出すと、やりやすくなる。

詳しくみる

(14) Let it go.

💧 英語の音は、身体でプラクティス。
💧 舌先をくっつけると、カナモジ音とちがう音になる。
💧 息を強く吐き出すと、やりやすくなる。

詳しくみる

(18) Feel like a flying bird.

💧 英語の音は、身体でプラクティス。
💧 舌先をくっつけると、カナモジ音とちがう音になる。
💧 息を強く吐き出すと、やりやすくなる。

詳しくみる

(11) Okay, I’ll give it a try.

💧顔をあげて、軽やかに。
🌱まず、やってみよう。思い切ってひと息で。
🌱素直にすぐできることと、知識をもっていることはちがう。

詳しくみる

(6) What are you making?

🌱相手に語りかけるつもりで、声にする。
💧音のまとまりが、リズムをつくる。
🌱情景を思い浮かべながら。

詳しくみる

(28) That’s not what I’m saying.

💧文字を読もうとせず、顔をあげて、相手に語りかけるように。
🌱「そのことじゃないよ、言いたいのは。」というセリフのつもりで。
🌱手ぶりをつけると、雰囲気がでる。

詳しくみる

(27) Can you hear me?

🌱そのセリフから場面を想像してみよう。
🌱じぶんのセリフだと思って言ってみるだけで、ちがう。
💧なんども聞いてみると、カナモジ音ではないことに気づく。

詳しくみる

(2) What does it look like?

💧弱く短く速い音のまとまりからはじまるセリフが、圧倒的に多い。
💧「カナモジ式」に覚えている音とのギャップが大きいほど、聞き取れない。
🌱大切なことは、「相手にたずねる」「相手からたずねられる」こと。

詳しくみる

(6) What are you making?

💧What are youが、ひとつのまとまり。
💧カナモジ式をやめようとするだけで、前進します。
🌱そのセリフを出しているつもりでやってみる。

詳しくみる

(28) That’s not what I’m saying.

💧ひと息のセリフとして、声に出そう。
💧カナモジ式にならないようにするだけで、リズムは近づく。
🌱相手に伝えようとするつもりになるだけで、声の調子が変わる。

詳しくみる

(27) Can you hear me?

💧弱く短いまとまり Can you に耳を傾けて。
💧本当は、よく知っているつもりの「単語」とは、ちがう音。
🌱「まねる」とは、そのセリフを言っている気持ちになること。

詳しくみる

(2) What does it look like?

💧弱く短く速いまとまり、次に強く長くはっきりしたまとまり。
💧カナモジ式の「ホワット」「イット」ではないことに、気をつかってみましょう。
🌱相手にたずねる気持ちになるだけで、声の調子が変わります。

詳しくみる

(4) No, I have nothing to do with it.

💧強弱リズムで、自然に吐く息の「弱く短く」と「強く長く」に伴う。
💧声の調子で意味が伝わる。
🌱「わたし、知らないよ」はこんなふうに表現。

詳しくみる

(9) Wait, I’ll be right back

💧ひと息の中に、強弱のメリハリ。
💧カナモジ式を忘れると、聞こえるようになる。
🌱相手を気づかう表現は、セリフの基本。

詳しくみる

(17) You can ask whatever you want.

💧伝えたい思いを表すことばに「ストレス」(強く言う」がある。
💧強弱のリズムで意味が伝わる。
🌱相手を気づかう表現が、セリフの基本。

詳しくみる

円符の中身

円符 (Emp)は、形、大きさ、色、模様、連なりで、声の身体運動が見えるように、数えられるようにして、楽しくプラクティスをするためのツールです。

詳しくみる