・落ち着いて待つ

・相手に話すつもりになる

・じぶんのシードにする

(じぶんの声を聞いている)

 

エンパシームの流れにそって、ひとつひとつシードを順に声にします。文字を読むのではなく、相手に話すつもりで、ひと息でリズムをつけて。間合いはゆっくりと。

 

画面左上の「+」を押し、スマホを平らなところに水平に置いて待ちます。

*エンパシームは、この状態でのみプラクティス「なりきる」の伴走相手になります。

はじめに、黄色のエンパシームが出ます。消えるまで待ちます。

次に、緑のエンパシーム。少し待ってから、ゆっくりとなぞります。

はじめのひとことで、ピンクのエンパシームに。エンパシームの流れにそって、シードを声にします。

対話のつもりで、文字を見ず、ひと息ですばやく。シードをひとつ声に出したら、2秒の間を入れて次のシードを声に。

声に出す間は水色のエンパシームが続きます。おわりの合図は、ゆっくり円をなぞります。

赤いエンパシーム、真ん中の白いバーが消えるまで待つとセッション終了です。

右上の設定アイコンを押し、セッションのガイドをOn/Offできます。慣れてきたら、Offにしましょう。

 

プラクティス「なりきる」では、8つのエンパシーム「あゐてにふすいま」のうち、「あ・ゐ・て・に・ふ・ま」の6つを使います。

「す」「い」は、「ふ」の後に長いを間合いをつくると自然にでてきます。声を出すと「ふ」に戻ります。

声にするシードはリズムよく、間合いをもちながらやってみましょう。